本気の婚活にマッチングアプリはNG?

マッチングアプリと婚活サービスの違い

「婚活」という言葉も一般的になりましたが、最近ではインターネットを通じた出会いにも抵抗がなくなり「マッチングアプリ」を婚活に利用する人も増えてきました。
また、結婚相談所のイメージが強かった「婚活サービス」も近代化が進み、スマートフォンでのプロフィール検索やお見合 いイベントなど、新しい婚活スタイルを提供する会社が増えています。

そこで、2つの婚活ツール「マッチングアプリ」と「婚活サービス」それぞれの特徴やメリットを比べてみました。

  マッチングアプリ 婚活サービス
(婚活サイト・相談所など)
婚活サービスのメリット
登録者の
目的
恋人探し/婚活
不倫/ワンナイトラブ
趣味友/新しい友達探し
本気の婚活 気軽に使えるマッチングアプリと比べて目的が違うユーザーがいないので効率的
月額 無料~4000円
(主に男性は有料)
4500円~20,000円
(一部有料コンテンツあり)
イメージよりも手軽な月額で利用できる
安全性 三角
facebook認証・年齢確認
また身分証明書
二重丸
厳格な本人確認
各種証明(各社で異なる)
身元確認が甘いマッチングアプリと違い既婚者や詐欺者を排除する仕組みがある
主な
サービス
三角
プロフィール検索
メッセージ交換
二重丸
プロフィール検索(一部)
婚活イベント
アドバイザーのサポート
写真やプロフィール上の条件だけでなく相性のいい人と出会える機会が多くなる
実績 バツ
成功率は10%以下
二重丸
半年~1年以内の成婚が多い
本気で考えている人が選ぶべきは早く結婚ができる確率が高い婚活サービス

ここなら出逢える!クチコミで選ぶ婚活サービス総合ランキング

プロフィール主体の婚活はハードルが高い

マッチングアプリでは、facebookのようなプロフィールや自己紹介文だけで気になる異性を探すので、多数のプロフィールを 見ているうちに理想や思い込みが膨らんでしまう傾向があります。

<主な条件項目>

年齢 / 容姿 / 学歴 / 年収 / 趣味 / 価値観 / 親族・親戚 / 居住地 / その他

これら一つ一つの理想が高く見えなくても、複数の拘りが重なると「30代で年収1000万円以上稼ぐ人(約1%)」を求めるの と同じように「クリアできる人」が少なくなり、マッチングサイトでの出会いは難しくなります。

サポートなしで結婚できる人は少ない

運よくマッチングサイトで出会うことができても、その後は自分だけの力で結婚に繋げなくてはなりません。成婚の実績から見 ても「妥協したくない」「確実に結婚したい」場合には、効率的にエスコートしてもらえる婚活サービスが有利です。 プロの専任エージェントによるサポートだけでなく、登録者向けのお見合いパーティーなどのイベントがあり、新鮮な出会いや コミュニケーションを後押ししてくれます。

本気なら婚活サービスを選ぶべき

マッチングアプリがお勧めできない理由として、身元確認の甘さによるリスクもあげられます。その点、婚活サービスでは、 本登録や交際スタート前に以下のような書類が求められるため、安心感があります。

  1. ①⽒名・住所・⽣年⽉⽇を確認できる公的な証明書
  2. ②最終学歴を証明できる書類
  3. ③独身証明書(公的に独身を証明する書類の原本)
  4. ④職業を証明する書類の写し(源泉徴収書など)
  5. ⑤年収を証明する書類の写し(源泉徴収書、確定申告書の写しなど)

このように、マッチングアプリと比較すると少し手間ではありますが、実績や安全性など総合的に見て、婚活サービスを利 用するメリットのほうが大きいと言えるでしょう。